トップ / アンチエイジングで老化を抑える

老化

アンチエイジングで若返る

アンチエイジングとは、日本語でいうと抗加齢という意味です。人間は、年齢を重ねるとだんだん肌の老化も進みます。肌の老化の原因は大きく4つあり、紫外線による光老化、肌が錆びる原因となる活性酸素が起こす細胞の酸化による老化、皮膚の乾燥、皮膚の菲薄化という肌が薄くなっていく現象によるものとされています。アンチエイジングはそれを予防し、老化のスピードを抑えることです。抑えるには様々な方法がありますが、スキンケアや医学的治療など外部から抑える方法と、食事やサプリメントなどの内部から若がえる方法があります。どちらも大切な要素なのでどちらもおこなっていくとよいでしょう。

肌の老化は菲薄化が原因

アンチエイジング対策を行う時は、菲薄化と糖化に対するケアを徹底しなければなりません。肌の老化の原因の一つである菲薄化とは、真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少して皮膚が薄くなり、弾力を保つことができなくなった状態です。年齢と共にコラーゲンの生成量は減りますので、肌の代謝が遅れるのは仕方のないことです。しかし、適切な策を講じないとたるみやしわが酷くなります。肌に潤いを与えて代謝を高めることが、アンチエイジング対策には有効です。化粧品などで取り入れたいのはコラーゲンやエラスチンであり、老化を予防することができます。

↑PAGE TOP